求人条件次第で医師の転職による年収アップが可能です

転職で収入が増えた

転職する際、一か所からもらうお給料が少し減っても、夜のオンコールなどの拘束がなければ夜診などで常勤先以外からの収入が見込めます。
これを考えて転職先として拘束時間が少ない病院を選び、交渉の際もその点を重視しながら、でも相手先には子供と過ごす時間が作りたいと伝えてバイトすることは伝えないで話をすすめました。
実際、病院側もあまり給料を吊り上げるわけでもなく、契約の話まで進みました。
医局もとりあえずやめることができ、新しい職場での生活リズムや診療に慣れたころからアルバイトを探し始めました。
軌道に乗るといくつか掛け持ちしたり、たまたま空いた時間ができるとスポットで最終的には年収は約300万円ほど増加したことになります。
常勤ではそれなりに雑務もありますが、非常勤では診療だけしていればほかのことに煩わされることなく集中できるのでやりやすかったのもあり、転職には満足のいく結果となりました。
転職の際、年収をあげるには転職先だけでなくアルバイトもふくめて総合的に考えるとよいのだと実感した転職でした。

昔と違う労働環境 | 移動となり全てが変わっていった | 転職で収入が増えた